ストレスが溜まる一日だったので晩飯は軽飲みができる店で気分転換ということで、大船の老舗町中華「石狩亭」さんで、瓶ビールに餃子という中華屋で軽飲みの王道を行くスタート。

DSC07794

このお店の焼き餃子、焼色がいつも同じ加減で味も安定していて安心できる昔ながらの町中華の味でお気に入りなんです。

DSC07809

そして、身体のあちこちにガタが来てるオジサンにとって、不健康生活を「生野菜は身体に良いから…」なんて根拠の希薄な理論で正当化するの免罪符的生野菜系メニュー「鎌倉トマトときゅうりとチャーシューの和え物」500円。

DSC07798

アッサリしていて、ビールやチューハイとの相性も良く、身体を冷やす効果のあるトマトやきゅうりがメインで、ゴロゴロしたチャーシューもボリューム感がありコレからの季節にいい感じのメニューです。

DSC07817

滅茶苦茶緑茶感のある緑茶割を飲んで、そろそろ〆るか…とカレーチャーハンを注文。

DSC07821

緑茶割は、まるで青汁のような見た目で、飲み終えるとグラスの底に緑茶の成分が沈殿してる濃厚な緑茶の風味が味わえる割に料理とケンカすることもなく甘いの嫌い!って方にオススメと勝手に思い込んでます。

DSC07823

カレーチャーハンは、見た目は単なるドライカレーですが、具はチャーシューやナルト、ネギって感じに、チャーハンのDNAをしっかり受け継いでいて、付け合せののザーサイとも違和感を感じさせないところが、ドライカレーとの違いが、弱舌には分からないだろうな…って感じのチャーハン。

DSC07842 (1)

同じ注文をした隣の席の兄ちゃん、チャーハンって言うよりドライカレーじゃね?…とか旨くないとか失敗したとか言いながら食ってるけど…そういう食べ方しか出来ない人って…絶対に人生損してるよね…^^; 

ワタクシ的に、大船町中華のなかでは外せない一軒だと勝手に思い込んでます。