今日の晩飯は、もの凄く久し振りに福富町仲通のイタリア料理を標榜しているけど、コテコテの昭和な昔ながらの洋食屋という言葉がしっくりくる「イタリーノ」さん。

DSC07729

ソープランドに韓国料理屋、焼肉屋がひしめく昔ながらの歓楽街のど真ん中にあるお店で、界隈の最盛期は、店に入ると他のお客は一癖も二癖もありそうな男女…という感じでしたが、バブル崩壊以降、街は落ち着き大人しくなった…と言っても素人の日本人の若い女の子が一人で歩くのは躊躇われるムードの一帯で頑張ってる健全な洋食屋さん。

DSC07723

晩飯に選んだのは「ナポリタン」930円。
このお店のナポリタン、ボリューム感があり、ちょっと変わっていて、ミートソースの様なソースににエビとアサリを投入してスパゲティーをしっかりと炒めたもの。

DSC07724

ケチャップ味と言うより見た目どおりミートソースって感じの濃厚な味わいで、しっかりと炒めてあるので、慌てて食うと熱々でブツブツ切れるナイデンテな昭和な和風のスパゲティーに悩まされますが、これがインパクトあって旨いんです! 

DSC07722

味は全体的にチープなんだけど、何かアカンやつが入ってるんじゃないかと勘ぐってしまう中毒性のある味に、昔ながらの銀色の皿に盛られてくるビジュアルも堪りません。

今度は…ハンバーグ系で行ってみるかな…いや、他では見かけないパルメザンも良いかな…^^