昨夜は、久し振りに東京。
新規客先訪問の帰りに四谷にある地酒の品揃えが充実した酒屋「鈴傳」さんに併設された立ち飲み「スタンデングルーム鈴傳」で仕事帰りの一杯。

DSC07404 (1)

ネットのレビューなどで、このお店のことを「角打」と呼ぶ人が居ますが、お店のウェブサイトに書いてあるとおり、酒屋の角打ちを原型とした「立ち飲み居酒屋」が正しい営業形態。

DSC07407

角打は、酒屋の店内に店主の好意で設けられたスペースで客が購入した酒を飲むことで、店が調理した料理で酒を楽しむのは、飲食店営業となり「立ち飲み居酒屋」と言います。

DSC07409

ほうれん草のおひたし、いか大根、お新香など素朴ながらジワジワ来る料理を肴に良質な日本酒をお値打ち価格でコップ酒。

DSC07411

久し振りにお邪魔したけど以前と変わらず良い店でした。