今日の晩飯は、最近食ってなかったな…と思い散歩に出かけた湘南海岸から愛車のカブプロ110に鞭入れて横浜市南区まで一ッ飛びとはいかず結構気合入れて移動して鎌倉街道を上り、国道16号線の吉野町交差点と駿河橋交差点の中ほどにあるスタミナカレーの店「バーグ吉野町店」さんにお邪魔しました。

DSCF2260


横浜市内に4箇所、川崎市内に1箇所の店舗を構えるお店ですが横浜市内の弥生町店が杉田本店と同じ黄色の看板で横浜市内の戸部店、吉野町店と川崎市内の浅田店が 3店舗のうち一番早く開店した戸部店と同じ白い看板で黄色い看板の店と若干メニューが異なる感じ…で詳しいことは…「ああ、そう言えばそうだな…」と途中まで分析しておきながら深く考えないことにして注文は常連を気取って「生・キャベツのせ」。

 
「生・キャベツのせ」を日本語に翻訳すると「スタミナカレー・生玉子・キャベツ一緒盛」という意味で千切りキャベツのトッピングを含めた価格が820円。

DSCF2251


注文すると牛丼屋より早く出てくるのがこのお店の特徴で本日も30秒ほどで「生・キャベツのせ」が登場。
カウンター内がすぐ厨房の弥生町店さんだとこれが20秒ほどで登場するから初めてお邪魔したお客さんはビックリです…というワタクシも始めてお邪魔したとき、メニューを見ながら喫煙OKなので灰皿を貸してもらったときに、スタミナカレー生玉子と注文してタバコを取り出し口に咥えて火をつけようとしたら「お待ちどう様!」って電光石火の商品提供スピードなんです。 

そして、ここのカレー…決して飲み物ではありません。

DSCF2252


濃厚でドロッとしたルーに他所の店なら大盛クラスの飯にカレーライスの上に散りばめられた豚バラ肉の焼肉といい頬張り噛み締める要素の多い飯の部類に入るカレーで満足・満腹です^^;