昨夜の2軒めは、最近は何の抵抗もなく出来るようになってしまった独り焼き肉で鎌倉街道の曙町二丁目北の信号から大通公園側の脇道に入ってすぐの場所にある、焼き肉とホルモンのお店「元祖ひょうたん弥生町店」さんに約15年ぶりくらいにお邪魔します。

DSC03082

このお店以外に横浜市内に関内店、根岸店、石川町店を構えるお店で関内店だけは少しメニューと価格が違うけど、全体的に安くて気軽に入れる焼肉屋さん。

DSC03107

カウンターにも炭火焼の無煙ロースターが埋め込まれているのでお一人様でも入りやすいし、近隣に似たような低価格の焼肉とホルモンのチェーン店もあるけど、そちらの系列よりも、このお店の系列の方が接客も丁寧で好感持てるから、僕はこちらのお店にお邪魔するようにしています。 

お店に入るとお姉さんがロースターに炭と焼き網をセットしてくれるので最初の注文をお願いします。

DSC03089

先ずは最初に生ビールと塩焼き系かな…と「生ビール」432円とお通し代わりに「豆もやし」324円と「豚カルビ」421円を塩焼きで貰うことにして一服…

DSC03088

このお店の良いところは混んでいても注文したものがサッと間違いなく出てくるところ…でビールが出てきたのでカウンター上のセットを撮影してたら、油断した隙に「豆もやし」登場。

DSC03091

そして、豆もやしを撮影していたら豚カルビが登場で豆もやしの立場がないじゃん?って感じで矢継ぎ早に注文した品が揃っていきます。 

豆もやしはごく普通の湯掻いたモヤシにゴマ油などで味付けした普通の豆もやしだけど、ごく普通の料理を、ごく普通に旨く作るのって飲食店にとって大切なことだと思います。

DSC03094


豚カルビは、いわゆる豚バラ肉で、僕的にはタンとともに「絶対に塩」と決めているメニューで、これを表面がカリッとするくらいまで焼き上げてレモン汁で食うのが大好き(^^

DSC03099


アッサリしていながらも噛み締めると肉汁が溢れてきて豚の脂身と豚肉の旨味が感じられて、おかわりしたくなっちゃうけど…おかわり自粛で、飲み物を「レモンサワー」270円に変えて、次の肉も手ごろな豚で攻めて「かしら」421円。

レモンサワーは低価格ながらも粗悪な焼酎は使っていない感じで飲んだ後に頭痛くなるようなことが無いのは昔と変わらず…価格も据え置きで消費税分だけが上がってるところも営業努力を感じさせられます。

DSC03103

そして、この店のレモンサワーも甘さはほとんどなくレモンの酸味だけって感じの飲んで食えるレモンサワーで焼肉との相性もバッチリなものっていうのも嬉しい(^^

DSC03101

カシラはよその店と違ってサイコロステーキ上にカットされていて、よく焼にして表面香ばしく中は柔らかくジューシーな状態に焼き上げると薄切りで出てくるお店よりも旨いから、僕はこのカットの仕方お気に入り。

そして、レモンサワーをおかわりしつつ、僕がこの系列で特にお気に入りのサービス品「ミックスホルモン」313円。

DSC03105


安いんだけど、 ゼンマイ、フワ、ギアラ、シロなどが入っていて一人で軽く飲むときには最高のメニューでシロは油ノリノリでジューシーで柔らかくてお値打ち品。

もちろん他のホルモンも鮮度・品質ともに問題なしで、生1杯、サワー2杯、豆もやし、豚カルビ、カシラ、ミックスホルモン各1皿を飲んで食って2,451円とお値打ち価格。

2軒めじゃなくて1軒めにお邪魔して食って飲んでも一人で5,000円以上飲み食いするのは結構大変な手ごろな店だけど、それなりに満足させてくれるお店であることは昔と変わらず良い感じのお店でした。 


 Rettyのお店情報