相変わらず基本的にお一人様【散歩の暇人・改】

新型コロナウィルス(武漢肺炎)騒動で罹患されている方をはじめ、ご不自由されている方々にお見舞い申し上げます。こんな時だからこそ、未来に目を向けるため当ブログの更新を細々と続けさせていただきます。頑張りましょう!事態終息後の食べ歩き・飲み歩きの参考としていただければ幸いです。
一日も早く笑顔で乾杯できる日が来ることを心からお祈り申し上げます。
無暗に群れるの嫌いで基本的に単独行動、不謹慎、不摂生で不健康なオヤジの健全な日記、気まぐれで更新中。
暇な期間も終わったので、散歩の暇人から改名いたしました。

食べ歩きの本当の楽しさは、ガイドブックに載っているお店に行くのではなく、通り掛かりの店を試す勇気と旨い店の匂いを嗅ぎ取る嗅覚と感性を磨くことじゃないか…と勝手に思ってるワタクシです。
「グルメ」とか「美食」って言葉は大嫌いです。
そして「B級グルメ」とか食い物や店にランクをつけることも嫌いです。
純粋に飲み食いが三度の飯より好きなので旨い物、旨い酒、旨い店を求めてその辺ふら付いて旨い店や良いなと感じた店を自分の主観で紹介しているだけのブログですから過大な期待はしないでください。
なお、記事に関する苦情・抗議・質問は一切受け付けませんのでご了承ください。
また、そのお店に通わないと知ることができない裏メニュー的なものも紹介していません。
※Facebookのお友達リクエストをいきなりされる方が多いのですが、直接面識のある方以外からのリクエストはお断りさせていただいています。

今日の晩飯はチェーン店の定食屋「やよい軒長者町店」さんで「肉豆腐と焼き魚の定食」860円。

000)

コロナの影響で、ご飯のセルフおかわりと卓上の漬物が小皿で定食に添えられ、ご飯と漬物のおかわりは無料ながらもオーダー制になっているけど、ほっともっとの運営会社ってことで、程々の物を程々の価格で、それなりに旨く食わせてくれてボリュームもあってお気に入りのチェーン店です。

000)

肉豆腐は揚げ出し豆腐風に揚げ豆腐を甘辛いタレにごぼうの風味を加えた少し変わり種っぽいで肉豆腐にオーソドックスなサバ塩焼きで肉豆腐と塩鯖の協力タッグが飯を進めてくれて良い感じ。

000)

程々の味と価格で満腹になれる手頃なお店でお気に入りです。 

000)

やよい軒【公式】

今日の昼飯はガラに似合わずビストロランチで阪東橋駅近く、大通り公園沿いにあるビストロ「ショー ラパン」さん。

000)

前を通るといつも混んでいてネットでの評判も良いので、自粛期間中がチャンスだと思って本日お邪魔してみました。

000)

ランチメニューは、1種類のみなので、店に入って席に座ったら、何も言わなくてもランチにありつけるお店。

000)

今日のランチのメインディッシュは、ハンバーグステーキイタリアントマトソースで付け合せはトーフサラダ、パスタ、温野菜、デザートは如何にも自家製という感じのプリン。

000)

デザートには、ちゃんと小さめのカップに入ったコーヒーも付いてきます。

000)

ホテルのフレンチレストラン出身のご主人が作る奇をてらわない丁寧な仕事の料理は文句なしに旨い。
ハンバーグとサラダにライス、食後のデザートとコーヒーまで付いて1,000円はお値打ち価格でしょ!? 

ショー ラパン【公式】




昨日の昼飯は、久しぶりに大磯小学校の向かいにある讃岐うどんのお店「讃州」さんで暑くなっていくこれからの季節に旨さを増すのでお気に入りメニューの「梅めかぶとろろ冷」890円。

DSC06464

シコシコというよりもゴワッという方か適当なほど、すすった時に、おっ!?と感じる歯ごたえながら、喉越しはトゥルんと心地良いうどん。

DSC06476

柔らかいうどんが好きな人には、あり得ない歯ごたえなのでおすすめできませんが…試しに食べてごらん?と言いたくなるお店です。

DSC06460

冷やしでも優しい味わいの印象ですが旨味かしっかりしていて飲み干したくなる旨味の出汁。
どちらが旨いかと聞かれたら、うどんと出汁両方って躊躇いなく言いたくなるお店です。

DSC06479 (1)

大磯という町で、僕の記憶に残ってだけでも20年以上続く実力派であることを納得させてくれるうどんです。 
そして、店内は時間がゆっくりと流れているような雰囲気もお気に入りです。


無性に旨い洋食を食いたくなって、見た目はゆるくても仕事はしっかりの洋食屋「大野」さん。

DSC06048

手前味噌ながら、よく頑張って我慢してると自分で勝手に思い込んでるワタクシに自らご褒美で、3週間から1ヶ月かけて仕込むデミグラスソースを使った「漆黒のオムライス」3,800円。

DSC06038

ほろ苦い大人の味のデミグラスソースが、しっかりしたオーガニックの赤ワインとよく合い、食べ進めるほどに旨味を増し、ワインを口に含んだときのデミグラスソースとワインの余韻が口の中に広がって超幸せ。

DSC06053

チョッと高いけど、素材、調理法など丁寧でコダワリの感じられる仕事で満足・納得できる味のお店です。
多少バカな奴のことなど忘れさせてくれる味です。

洋食大野

ラーメンマニアの間では川崎溶き玊系なんて呼ばれているようですが…川崎・横浜エリアでタンタンメンというと、四川料理の担々麺と、担々麺をアレンジした「ニュータンタンメン」両者は辛い麺としては似ているようですが、担々麺はゴマ風味に辛子と山椒の辛さに対して、ニュータンタンメンは、あっさり塩味スープに韓国の唐辛子で似て非なるもので、ワタクシ「韓流中華」と勝手に呼んでいます。

DSC06444

唐辛子で真っ赤に染まったスープに黄色い玉子というインパクトのあるビジュアルのニュータンタンメンですが、見た目ほど辛くないけど、辛いもの苦手な人にはオススメ出来ない料理でもあります。

DSC06450

この「ニュータンタンメン」は、モッチリした食感の麺にアッサリとしていながらも旨味のしっかりした豚ガラ塩味スープ、具は挽肉とニンニクメインで粗挽きの唐辛子でパンチを効かせたもので、神奈川県を中心として展開するチェーン店とインスパイア店が展開するローカルフード。

DSC06446

辛さが増すと旨味も増すような気がするニュータンタンメンを今日は、辛さメチャ辛にして、小ライスを付

IMG_20200522_221536_101

け、麺を味わったあとは、具を小ライスにオンザライスして満足・満腹・大発汗でした。

元祖ニュータンタンメン本舗【公式】


今日の昼飯は、仕事中に横浜市営地下鉄阪東橋駅近くの横浜橋商店街の中にある水産会社経営の「宝(旧宝水産)」さんで「お刺身六種丼」968円。

DSC06421

千円未満の手頃な価格ならば十分納得できる普通に旨い海鮮丼です。
安い店がすし屋のマネするような酢飯も選べるけど…白飯に盛り付けてくれるところが水産会社らしいよね。

宝【横浜橋商店街】

伊勢佐木町のドン・キホーテの道路挟んだムカイニアル絶滅危惧店の昭和な喫茶店。
クリームソーダも期待を裏切らないビジュアルと味わい。

DSC06330

ケミカルでチープなメロンソーダが、クリームソーダが贅沢だった子供の頃の記憶を呼び起こします!
しかもこのお店、メロンシロップが濃いから緑色が鮮やかというか、抹茶系ドリンクかと思わせるビジュアルです。

DSC06334

喫茶あづま


今日の朝飯は事務所のlLANケーブルを出社途中に調達したので遅めの朝食で藤沢駅北口にある何でも自家製の路面屋「新月」さんで「天ぷら(かきあげ)そば」390円。

DSC06400

そば、かき揚げの衣ともにうどん粉を感じさせるんだけど…黒い色してる割に鰹節香る優しい味わいの汁に惹かれて食いに行っちゃうんです。

DSC06409

特別うまい店って訳じゃないけどお気に入りです。 

DSC06410

立ち喰そば新月

高齢なご夫婦らしいカップルとお手伝いと思われるオバチャンが切り盛りする昭和な見た目の喫茶店「喫茶あづま」さんの店構えから予想されるビジュアルな期待を裏切らない「レモンスカッシュ」530円。

DSC06287

提供商品とサービス内容は標準的でどうってことないお店だけど、建物は古いけど手入れが行き届き清潔感のある店内は、結構居心地良くて、お気に入りなお店です。

昨日は仕事の資材調達に出て何となく心身ともに疲れたので、終業後は軽く一杯…と思っていたら、関内駅のマリナード地下街の地下鉄駅寄りの場所で上大岡に本店を構える立ち飲み屋「国民酒場じぃえんとるまん」さんの関内店が開店していた。
こんなところにまで出店してきたのか…店の前でメニューを見ていると店内から午後9時までやってますよ…とお店のお兄さんが声を掛けてきたのでお邪魔させてもらいます。

IMG_20200519_232542_200

、赤星ことサッポロラガー大瓶410円、鰹たたき380円にお店のお兄さんが推しのおさかなハンバーグ380円で、チョッと酔い気持ちに…

DSC06386


カツオのたたきは価格なりだけど鮮度、品質ともに問題なく、おさかなハンバーグも手作り感があり食材を無駄にしないための工夫かな…って感じで流石に繁盛店だけあっていろいろ工夫してるな…と感心します。

IMG_20200519_232542_201

僕がお店にいる間、明るく清潔感のある店内はガラガラだけどお店のお兄さんは店内に置かれている台布巾を小まめに交換したりよく働いています。

DSC06390

横浜市内や横須賀市内に出店し事業規模を拡大させている勢いの衰えを感じさせない居心地の良いお店で単純に低価格な立ち飲み屋じゃない…と感じさせてくれるお店です。
でも…店を出ると現実に引き戻されるワタクシ…最近、チョットだけココロが折れそうなワタクシです…

ホームページは、上大岡本店と事業提携してる会社のもののようですが、店舗案内等がわかりやすいので…


今日は午前中は在宅勤務で行政機関への提出書類の作成をして午後からは、本社事務所で使うLANケーブルなどを調達するためにお出掛けして、遅めの昼飯はチェーン店の「松屋」さんで「ごろごろ煮込みチキンカレー並盛」590円。

DSC06371

不味くはないんだけど…最初に食べたときのあの鶏肉の柔らかさを感じないんだよな…でも価格考えたら十分旨くて安いよね^^

DSC06378


今日の昼飯は、出先から在宅勤務のニュートラルコーナーである自宅に戻る途中の乗換駅の戸塚駅で、久しぶりに地元密着純喫茶の「モネ」さんでお気に入りの「ナポピザ」ドリンクセットで860円。

DSC06346

このお店、自家焙煎のコーヒーが美味い店だけど、軽食類もちゃんと旨くてお気に入りです。

DSC06365

具はハム、玉ねぎ、マッシュルーム、ピーマンで、少し甘めのケチャップ味の昔ながらの昭和なナポリタンにとろけるチーズ載せて焼いた見た目からして身体には良くなさそうな食物は、身体に悪い物ほど旨いという法則がピッタリ?

DSC06341

タバスコとラー油が添えられてますが、僕的には、このお店のナポリタンとナポピザはラー油のごま油の風味と優しい辛さが合うと思います! 

純喫茶モネ【公式】https://zikabaisenmone.wixsite.com/mone

今日の晩飯は、早めの時間に藤沢駅南口のOKストア近くにあるうどん専門店「里のうどん南藤沢店」さんで「バラ丼セット」988円。

DSC06324

「バラ丼」とは、どんぶりにご飯を入れて沢山のキャベツ、その上に醤油ベースのタレで甘辛く味付けした豚バラ肉の焼き肉を乗っけた丼に小さめのうどんがセットにっています。

IMG_20200517_221454_768

ワタクシ的にセットのうどんは、きつねうどんが定番。

IMG_20200517_221454_764

往時に比べると盛りの勢いは無くなったけどキャベツをこぼさず食べやすくなったのでキャベツ減量ではなく改良と考えるべきでしょう。
IMG_20200517_221454_767

ワタクシ的にバラ丼には、マヨネーズと一味を掛けます。

IMG_20200517_221454_765

開店当初は藤沢では珍しかった関西風の出汁のうどんも変わらない旨さで、コロナ禍を乗り切って事業継続を願いたいワタクシです。 

IMG_20200517_221454_770


里のうどん【公式】

人それぞれの趣味・嗜好があるので何処が1番ときめられないのが飲食店ですが、ワタクシの勝手な思い込みで賛否両論あると思いますがチェーン店の路麺屋ジャンルで不動の第1位は「小諸そば」さん。

DSC_0607

特別良いもの出してる訳じゃないけど納得できて満足できる価格と品質のバランス感覚が素晴らしいと感じています。
そして多くの店で食券販売機を導入せず手売りの食券&帳場から厨房に声で注文を通すところもお気に入りの理由の一つです。(画像は、かき揚げそば、400円)

小田原市下大井にある丼専門店「丼万次郎」さん、丼専門店と言えども定食メニューや、すしなんかもあったりします。

DSC01805

定食メニューでお気に入りメニューの一つが「手作りハンバーグ定食」950円。(2019年3月当時の価格)
手捏ね感満点の滑らかな舌触りのハンバーグに、焼いたときの肉汁を利用したであろう醤油ベースのソースが手作り感満点なハンバーグでナカナカ旨い。

今日は仕事で外部機関との打ち合わせで外出したついでに昼飯は阪東橋(横浜橋商店街)の出口にある、あの真木よう子セリフ棒読みドラマのロケ地になっていた「酔来軒」さんに久しぶりにお邪魔してお店の名物でワタクシが勝手に「中華風ビビンバ」と呼んでる「酔来丼」400円にセットでお得な「小ワンタン」200円。

DSC06263

価格からすると大丈夫かよ…って感じですが、お店の賄い由来の酔来丼は、チャーシュー、メンマ、ネギモヤシとラーメンの具に半熟目玉焼きを白飯に載せ、辛子を溶いた醤油ダレをぶっかけ、ビビンバのようにかき混ぜて豪快に食う男飯。

DSC06271

そしてオマケというのが憚られるほど、食べるとホッとさせる昔ながらのワンタンは、小と言う割には、十分なボリユーム感があって、安くて旨くて満足・満腹です。
それに、酔丼の存在を知って約15年以上経つけど、値上げせずに頑張ってるのはすごいし、凄く有り難い!

ラーメンデータベースhttps://ramendb.supleks.jp/s/20257/amp

神田で見つけた町中華の絶滅危惧店「ひかり」さん。
夜は気の良いお爺さんワンオペのまったりとした雰囲気と時間の流れを感じられるお店。

DSC03866 (1)

このお店の皮から手作りという餃子350円は、もっちりした食感の皮に優しい味わいの餡で神田で一番の餃子だとワタクシ勝手に思い込んでます!
あー無性に餃子を食いたくなってきたぁー!!

やっぱ飯には、コレだろう?

IMG_20200422_223911_056

見てるだけで唾液が湧いてきて…もぉ〜堪らん!!
梅干しと納豆は、ご飯のお供としては鉄板ですが…血液サラサラのお薬「ワーファリン」を服用しているワタクシ、納豆は、ワーファリンの薬効を損なわせてしまうため、禁食なんです。
日頃の食生活の一部分をS'N'Sで見て塩分気をつけろとか食い過ぎだって言う人がいるけど…当事者はあなたが思っている以上に健康に気を使っているんです。
健康って大切なんだな…と痛感しております。

湯河原のラーメン屋「味の大西」さんが発祥の小田原系ラーメンの人気店「いしとみ」さんで「チャーシューワンタンメン」1,100円。

DSC00665(1)

ピロピロの食感の縮れた平打麺に焦がし醤油のような風味のある香味油の膜がはった熱々のスープは意外にも優しさを感じさせ、餃子のように餡が詰まったワンタンの生姜が効いた風味も良く、チャーシューを昔ながらの噛みしめると旨味が強くなる感じで、メンマは濃いめの甘口で、三つ葉やモヤシ等の野菜も全体の味を引き締めていて、さすがに人気店と思わせる旨いラーメンでした。