相変わらず基本的にお一人様【散歩の暇人・改】

新型コロナウィルス(武漢肺炎)騒動で罹患されている方をはじめ、ご不自由されている方々にお見舞い申し上げます。こんな時だからこそ、未来に目を向けるため当ブログの更新を細々と続けさせていただきます。頑張りましょう!事態終息後の食べ歩き・飲み歩きの参考としていただければ幸いです。
一日も早く笑顔で乾杯できる日が来ることを心からお祈り申し上げます。
無暗に群れるの嫌いで基本的に単独行動、不謹慎、不摂生で不健康なオヤジの健全な日記、気まぐれで更新中。
暇な期間も終わったので、散歩の暇人から改名いたしました。

食べ歩きの本当の楽しさは、ガイドブックに載っているお店に行くのではなく、通り掛かりの店を試す勇気と旨い店の匂いを嗅ぎ取る嗅覚と感性を磨くことじゃないか…と勝手に思ってるワタクシです。
「グルメ」とか「美食」って言葉は大嫌いです。
そして「B級グルメ」とか食い物や店にランクをつけることも嫌いです。
純粋に飲み食いが三度の飯より好きなので旨い物、旨い酒、旨い店を求めてその辺ふら付いて旨い店や良いなと感じた店を自分の主観で紹介しているだけのブログですから過大な期待はしないでください。
なお、記事に関する苦情・抗議・質問は一切受け付けませんのでご了承ください。
また、そのお店に通わないと知ることができない裏メニュー的なものも紹介していません。
※Facebookのお友達リクエストをいきなりされる方が多いのですが、直接面識のある方以外からのリクエストはお断りさせていただいています。

一昨日、新しく買ったデジタル一眼レフの試し撮りのために関内・みなとみらい・野毛地区を徘徊していたときに館内桜通りで撮影した夜桜です。

IMG_0207


この通りに植えられている桜は横浜市のサイトによると関山という品種をメインに、陽光と寒緋という品種が一部、薄墨、普賢象という品種がごく一部、おかめが1本ということでメインの関山は八重咲きでまだまだなんですが、早咲きの天城吉野と寒緋桜との交配によって作られた陽光は咲き始めていました。

昨夜は新しく購入したデジタル一眼レフの夜景試し撮りのために関内・みなとみらい・野毛地区を徘徊。

IMG_0206


歩き回って12,000歩を超えたので、そろそろ良いだろう…とお邪魔したのが野毛で一番下品なお店と僕が勝手に思い込んでいる中華屋の「三陽」さん。 

冒頭でいきなり僕らしくない画像が登場しましたが、安心してください…ワタクシ更生してしまった訳ではゴザイマセン^^;

DSC00917


とにかく、女性連れでは赤面してしまいそうな猥雑なコピーが踊るニンニクたっぷりな活気に溢れる中華屋さん。

DSC00910DSC00914


店内外に張り巡らされた赤面してクスッと笑えるコピーに怪しげな店と思いがちですが…1968年2月23日オープンで明日、創業48年を迎えるもう少しで老舗という感じのお店で、料理の味も店構えからは想定外にしっかりしている猥雑な怪し気ながらも真面目で遊び心と活気に溢れる中華屋さんなんです。
ちなみに料理のジャンルは、日式中華を超えた「俺の中華」とも呼べるオリジナルメニューが盛沢山です。

DSC00915


昨年あたりに野毛小路にあった本店が移転して元の三陽御用邸が現在は本店として営業しています。
旧本店より広く綺麗になったけど、店のムードに変わりはありません。
 

ちょっと記事を書くのを忘れていたのですが…3月19日のこと。

僕が勝手に韓流中華と呼んでいるお気に入りの「たんたん」さんで、遂に普通の「タンタンメン」の辛さ32倍という「ウルトラスーパーメチャ辛」850円に挑戦・完食してまいりました!

ここのタンタンメンは見た目ほど辛くないといってますけど…やっぱり普通の辛さの32倍は別物で辛かったです。

ぱっと見た感じはスーパーメチャ辛と変わらない真っ赤な色合いで見た目の変化は感じられないんですが…食べてみると辛さが増すと旨味が増すスープらしく旨い…なんだそんなに辛くないじゃん?と油断した後に唇の周りが痛み出す辛さが襲ってきて大発汗!

DSCF3039


今までは普通の辛さから、2倍の中辛、4倍の大辛、8倍のメチャ辛、16倍のスーパーメチャ辛と倍々ゲームで辛さを上げてきたのでそれほどの辛さでもなかったのですが…ウルトラスーパーメチャ辛の32倍は16倍から一気に32倍と差分が大きいので衝撃力・破壊力ともにメニューの最高峰に君臨するモノだけのことはあります。

参考までに辛さ16倍のスーパーメチャ辛までは追加料金無しですが、ウルトラスーパーメチャ辛だけは100円プラス…どこが違うのかな…と思って調理する様子を見ているとタンタンメンに使っている唐辛子の種類が違うんです。
 

市民酒場特集第2回目は、前回とはちょいと趣向を変えて看板に市民酒場を掲げていませんが、過去に市民酒場として営業していた大正10年創業の「三河屋」さん。

サザエさんにも出てくる酒屋さんの代表的な名前のようにも感じこのお店も大正10年の創業時は酒屋さんだったということ。

前回お邪魔したのは昨年の11月5日(この店で食事をして帰った後、持病が急変して救急搬送されて意識不明になり集中治療室に入ったのでしっかり覚えてます^^;)ですから4ヶ月ぶり…なんかちょっと店のイメージが変わったな…と思ってみると…店の出入口に面した2階部分の増築部分と物干しを取っ払っちゃったんですね…ちょっと昔のイメージと変わって味気ない店構えになっちゃったかな…下の画像、向かって左が昨年の撮影、向かって右が昨日の撮影。

DSCF1774DSC00853


でも、店の外観は変っても、店の味や接客・ムードが変らなければ問題なし…ってことでお店に入りカウンター席に陣取ります。

今更…という感じですが、3月16日に食った藤沢駅北口のスルガ銀行藤沢支店地下にある立ち食いそば「新月」さんでのお話。

DSCF3014


このお店、かっては旧丸井藤沢店、現ビッグカメラの地下入口脇に公衆便所の入口のような店構えの頃から周囲や地上のバス停まで、鰹出汁の効いたそばつゆの良い香りを漂わせて営業していたころから現在の位置に移転するまでしぶとく営業を続けているお店。
 
DSCF3015

自家製麺というけどあまりそばの風味の感じられないそばなんですが、何故か人気のお店です。

そんなお店の前を久しぶりに通りかかったときに目に付いたのがコレ!

DSCF3013


 普通の豚カツそばなら見過ごすのですが…紙カツと来ると見過ごせません!

一昨日の鎌倉散策でのこと…

昼飯は鎌倉散策定番の極楽寺駅近くにある中華屋「盛華園」さんで済ませたのですが…鎌倉駅東口近くの若宮大路を歩いていると鎌倉郵便局の若宮大路を隔てた向かい側にある食堂「あさくさ」さんの前で店のサンプルケースのほうから「何か不思議なエネルギー」を感じて立ち止まるとサンプルケースの中にある「香りの麻婆豆腐定食(味噌汁付)Mapo tofu set meal(Miso soup)」800円のサンプルが僕に食ってもらいたいオーラを発して呼んでいるではありませんか…

DSCF2988

 
プライスタグの文字の踊り具合、 食品サンプルは平凡なビジュアル…でも他のサンプルのプライスタグは「餃子」とか素っ気無いのに「香りの…」と冠されたネーミング…気になる…でも、もう昼飯食っちゃったし、この店にはラップを外していないまま衣を付けて揚げられたハムカツを食わされた苦い思い出があるし…と軽い葛藤の後に「まあいいか^^;」と入店してしまう三度の飯より飲み食いが好きな懲りないワタクシ。

DSCF2965


店内には修学旅行に来ているらしい中学生が溢れホール担当のおばちゃんもテンパリ気味で何となくヤッチマッタ感が漂うなか、 呼んでも来ないおばちゃんの対応を見かねた僕と同世代のリーマンが差し出してくれたメニューを「ありがとうございます」と笑顔で受け取り確認すると麻婆豆腐は辛さも調節してくれるらしい。

DSCF2963


ようやく注文を取りに来たおばちゃんに「麻婆豆腐」800円を大辛で注文し「大辛ってすごく辛い?」と聞くと「ご飯おかわりして下さい」と急がしそうに立ち去った…^^; 

昨日は新しく買ったデジタル一眼レフの試し撮りを兼ねて鎌倉散策の一日。

江ノ電の一日乗り放題切符「のりおりくん」をお昼前に藤沢駅で購入して途中江ノ電を撮影したり町の風景を撮影しながら極楽寺駅で途中下車。

IMG_0004


このパターンで鎌倉散策と江ノ電の撮り鉄をすると毎回2万歩コースなので、早速昼飯にします。

鎌倉散策&江ノ電撮り鉄に出かけると大体昼飯は極楽寺にあるお気に入りの中華屋「盛華園」さんというのが僕のパターン。

DSCF2960


店構えも隣の肉屋さんの雰囲気、極楽寺駅周辺の雰囲気といい穏やかな昭和の古き佳きムードがいい感じで、極楽寺以外にも 材木座と西鎌倉にもお店があるようですが、僕はこのお店の店構えと周辺の雰囲気が大好きで、また他のお店に行く機会もないので、このお店以外は行ったことはありません。

最近、健康のため自炊で頑張ってる私ですが…色々とやり切れない思いが積もって家を出て向かったのがワタクシにとってパワースポットの大船駅界隈。

自棄酒はよろしくないので旨い料理を食って旨い酒を飲んでリフレッシュしようと思ってお邪魔したのは大船駅東口にある横浜・藤沢・横須賀エリアに居酒屋を展開するリージョナルチェーンストアの一業態であるお気に入りの海鮮居酒屋の「七福水産」さん。 

DSCF2914


昨今の激安居酒屋ではないソコソコの価格設定のお店ですが、高いとは思えない商品ラインナップがお気に入りのお店です。 

昨夜はたまにはチョイと飲みたい気分で夕方からお出掛けして大船へ。
大船って町は何時行っても活気に溢れた昔ながらの商店街があり、町を徘徊していると何となく元気になれる魅力的な町で大好きです。 

そんな町で、通算30年ほどの歴史を持つ、もうすぐ老舗の居酒屋といっても良いお店「蓮ちゃん」が昨夜のお目当て、このお店、ある日突然閉店して数ヶ月の間を置いて移転して復活を繰り返しているけど根強い常連の支持を得ていてお客の絶えない不思議な魅力のあるお店。 

DSCF2872


出てくる料理も特別なものは無いながらも安くて旨くてボリュームもあって真にサラリーマンの強い味方的なお店なんです。 

定職に付かず定食ばかり食ってフラフラ遊んでるワタクシ…ホントに昼夜逆転の毎日を過ごすダメダメなワタクシです。
本日も思うことあってデータベース製作に熱中してしまい朝飯を食った後は自室に引き篭もって飲まず食わずで午前一時半…寝ようにも腹が減って落ち着かないので深夜にこっそり家を抜け出して遅過ぎる晩飯と食料・水分調達に出掛けます。
近隣の寝静まった深夜にそっとバイクのエンジンを始動してイザ出発…小雨にもめげず10分チョイ走ってお店の到着。

つい先日、大河家さんで元祖カレータンタン麺食ったばかりなのに…お邪魔したのは戸塚区吉田町のニュータンタンメン系の韓流中華の「たんたん」さん。

午前4時まで営業しているので、こういう深夜に空腹になったときにはホントに重宝するお店です。 

厨房の中のお兄さんの仕事っぷりを眺めながら今夜の注文は「タンタンメン」750円を辛さ16倍のスーパーメチャ辛にしてもらって、〆の「ライス」200円。

image


今日は腹空き過ぎなのでライスはフルサイズにしちゃいました^^; 

平日の深夜の客層は…夜のお仕事を終えたお姉ちゃんや飲食店の閉店作業を終えた帰りの若者が多くて少しいつものムードと違う感じで、水商売のお姉ちゃんらしくない清楚系のお姉ちゃんが辛さ32倍のウルトラスーパーメチャ辛を顔を真っ赤に染めながら食べている姿なんかが見れて、おじさんチョイと萌え~な気分になっちゃいます^^; 

今日は母親の年金の手続きなどで午後から外出…チョイと時間が読めずに昼飯を食いそびれ夕方には腹ペコのワタクシ。

近所にある旨い店は…と記憶容量が年々小さくなるストレージの保存されているデータベースをフル回転させて思い付いたのが川崎発のローカルフード元祖ニュータンタンメン本舗さんのインスパイアと言える元祖カレータンタン麺「大河屋」さんに向けてバイクを走らせます。

DSCF2803


このお店「家」が店名に付くけど横浜家系ラーメンではありません辛いスープに挽肉と溶き玉子とカレーを合わせた「元祖カレータンタン麺」の横浜発のニューウェーブなんです。 

店構えは元祖ニュータンタンメン本舗2:二郎1って感じのシンプルな店構えで黄色い看板は、二郎系?と感じさせる店構えです。 

メニューは元祖カレータンタン麺、情熱のトマトカレータンタン麺、汁なしカレーそば、特製タンタンメン、台湾まぜそば、カレーつけ麺を軸に各種のトッピングで、辛さは「小辛」から最高の「変態」まであり元祖ニュータンタンメン本舗に比べるチョイと分かりにくい。 

DSCF2767DSCF2766

 
そんなお店で晩飯に選んだのは久しぶりなので原点回帰の「元祖カレータンタン麺」750円を辛さ大辛にしてもらいニュータンタン系では略せない「小ライス」100円。 

自称「変態」としては変態に挑戦してみたかったのですが…こちらも原点回帰で程々の大辛…と言っても前回も大辛だったような…^^;

そして深夜のハシゴ飯2軒目は1軒目の戸塚のたんたんさんからバイクを飛ばして10分チョイの大船で、深夜のラーメンならココに決まりという大船ののん兵衛御用達的なラーメン屋「天龍」さん。

DSCF2759


この店を知らないと大船通を気取ることなんてできないし、大船の飲み歩き・食べ歩きを語るうえで絶対に外せない お店です。

DSCF2761


深夜の町外れにひっそり佇むバラックのようなトタンの波板で囲われた一見客には入りにくいお店ではありますが…勇気を振り絞って入ってみたら、今まで何でこのお店に入らなかったんだろう…って思える人情味があって普通に旨いお店です。 

無職モトラリアムで定職にも就かず最近は自堕落的な生活で昼夜逆転のワタクシ…今日は午前0時を回ってからバイクでフラフラ深夜の町を徘徊し朝から何も食っていなかったのでハシゴ飯^^;

1軒目は戸塚区吉田町の旧東海道吉田大橋の近くにある僕が勝手に韓流中華と呼んでいる「たんたん」さん。

DSCF2400


このお店、近隣では数少ない深夜営業のお店で午前4時まで営業していて飯にも飲みにも使えるのでワタクシのような生活をしている人間には非常に便利なお店です。

今夜の飯に選んだのは「ニンニクチャーハン」850円。 

 

ワタクシが印象に残るお気に入りのメニューを紹介する特集「この店のこの一品」の第2回目は本牧ふ頭の玄関口である中区錦町のマリンハイツ1階の台湾料理店「百鶴楼」(ばいふうろう)さんの「唐揚定食」800円。

DSCF7344


市電が廃止されて以来、陸の孤島とか秘境なんて呼ばれてるバス路線が主要交通機関となるこのエリアでも客足の絶えないデカ盛マニアの間でメタボ製造工場と呼ばれているボリューム満点の限りなく日式中華に近い台湾料理屋で、本来は名古屋の日式中華名物の台湾ラーメンや何故か四川料理もメニューに載せている怪しげというか…どこか不思議なお店で、アニメ声の看板娘も店のカオスさを増す個性的なお店。 


 

今日は午前中、伯父の1周忌法要で横須賀へ行き横須賀で僕が一番お気に入りの正統派会席料理としてミシュランの横浜川崎湘南2015版にも載った「あら井」さんで会食してきたので夜はガッツリと…と思って愛馬カブプロ110で藤沢市村岡東にある「里のうどん村岡本店」さんまでチンタラ走りでお邪魔してきました。

DSCF2732


このお店、開店してしばらくは「京風 里のうどん」と看板を掲げ別れた京都人の女房が新婚時代にホームシックにかかったときに ここのうどんを食わせたら「この味やぁ」と涙を浮かべホームシックが余計に悪化したという本格派の関西風の出汁で旨いうどんを食わせる店なのですが…デカ盛メニューの「バラ丼」も有名というお店。

今日の晩飯は野暮用で行った藤沢で超久しぶりに遊行通り商店街のレディオ湘南向かいにあるカレー屋「シュクリア」さん。

DSCF2685


このお店、昭和45年創業の藤沢では…というよりもまだ日本でカレースタンドという営業スタイルが珍しかったころからの隠れた老舗。

藤沢に縁のある僕ぐらいの年代だと丸井藤沢店の地下のカレー屋と言えば 「あ、あのお店!?」と分かる方も多いと思います。

今日の晩飯は昼飯を食いに行った栄区金井町の荒井市場の広大な敷地内の荒井市場食堂にある大衆食堂「埼玉屋」さん。

DSCF2657DSCF2654


昼飯はそばだったので夜はしっかり米の飯を食いたかったんで晩飯に選んだのは「今日の日替わり」という貼紙のほぼ日替わりで既存の定食を70円から80円程度値引きしたお得な定食の中から「めんちかつ目玉焼付」650円。

DSCF2625


このメニューに関しては「めんちかつ定食」570円と単品の「目玉焼」250円で合計820円が650円になっちゃうんですから170円もお得なスペシャルメニューです。

 

今日は確定申告の準備だ何だでバイクで一日走り回っていたので昼飯はお馴染みの栄区金井町にある荒井市場食堂のテナントのそば屋「源太郎そば横浜店」さんで、「鶏天せいろ」600円。

DSCF2599


昨日も昼飯に丸亀製麺で 「かしわ天」を食べたばかりなのに今日も鶏肉っていう好きなもの連食モードに突入してしまったワタクシです。

今日の晩飯は、久しぶりに磯子区洋光台の住宅街にひっそり佇む昭和な店構えに気さくな接客で下町の洋食屋という言葉がピッタリな「センターグリル洋光台店」さん。

お邪魔するのも久しぶりですが午後6時前の早いにお邪魔するのも久しぶりです。

DSCF2589


まだお客さんが来る時間ではないので、客席でテレビを見ていた人の良さそうな笑顔が似合い腰が低い丁寧な接客が好感持てるオーナーシェフのオヤジさんと元気で明るく気さくでアットホームな接客のオカミさんが出迎えてくれます。 

DSCF2567


そして、オカミさんが入れてくれる焙じ茶がよく似合うホッとする雰囲気のお店です。