相変わらず基本的にお一人様【散歩の暇人・改】

新型コロナウィルス(武漢肺炎)騒動で罹患されている方をはじめ、ご不自由されている方々にお見舞い申し上げます。こんな時だからこそ、未来に目を向けるため当ブログの更新を細々と続けさせていただきます。頑張りましょう!事態終息後の食べ歩き・飲み歩きの参考としていただければ幸いです。
一日も早く笑顔で乾杯できる日が来ることを心からお祈り申し上げます。
無暗に群れるの嫌いで基本的に単独行動、不謹慎、不摂生で不健康なオヤジの健全な日記、気まぐれで更新中。
暇な期間も終わったので、散歩の暇人から改名いたしました。

食べ歩きの本当の楽しさは、ガイドブックに載っているお店に行くのではなく、通り掛かりの店を試す勇気と旨い店の匂いを嗅ぎ取る嗅覚と感性を磨くことじゃないか…と勝手に思ってるワタクシです。
「グルメ」とか「美食」って言葉は大嫌いです。
そして「B級グルメ」とか食い物や店にランクをつけることも嫌いです。
純粋に飲み食いが三度の飯より好きなので旨い物、旨い酒、旨い店を求めてその辺ふら付いて旨い店や良いなと感じた店を自分の主観で紹介しているだけのブログですから過大な期待はしないでください。
なお、記事に関する苦情・抗議・質問は一切受け付けませんのでご了承ください。
また、そのお店に通わないと知ることができない裏メニュー的なものも紹介していません。
※Facebookのお友達リクエストをいきなりされる方が多いのですが、直接面識のある方以外からのリクエストはお断りさせていただいています。

やよい軒さんで、「さんまの塩焼と牛肉炒めの定食」860円。

20200923200545_IMG_0374

サンマが少しだけスリムだけど、皮目パリッ、身はふんわりと良い感じに焼かれたサンマがナカナカ旨くて骨からの身離れも良くて、このサンマより痩せてるものを定食で1,000円で出してる小洒落た勘違い店の定食なんて食う気にならないワタクシです。

20200923200658_IMG_0382

欲を言わせてもらうと、牛肉炒めは煮物系にしてもらえらと嬉しいんだけどな…

健康診断を終え、超腹ペコ状態で会社に帰る途中にある大衆食堂「埼玉屋」さんで昼飯に「牛丼」500円。

20200923114034_IMG_0361

蜆汁付きでワンコインなので、牛肉は全体の3分の1に満たない比率で、丼上の大半を占めるのが、タマネギとしらたき。

20200923114100_IMG_0367

味付けは大衆食堂としては優しい味つけ、でも、いい感じにタマネギに適度に牛とつゆの味が滲みていて飯が進む味。
牛肉が少ないけど必要以上の貧乏臭さを感じさせず、蜆汁の出汁も効いていて満足・満腹な昼飯でした! 

20200923114922_IMG_0369

明日(9/23)は健康診断と言っても、今は日付が変わったので正確には今日が健康診断なので、東海道線二宮駅北口にあるお気に入りのお店「和の店 すぎ田」さんでの晩酌を兼ねた晩飯を早めに切り上げて帰宅したのに寝付けずこの時間(午前1時)…

20200922192805_IMG_0337

ビール中瓶1本に芋焼酎水割り2杯に、お通しの煮牡蠣と煮帆立貝柱、刺身の盛り合わせに、おまけの沖漬けしらす、〆は鉄火巻。

20200922193004_IMG_0339

貝の煮物は食材を無駄にしないための工夫なんだろうけど、そういう料理やお通しでも手を抜かないで、ちゃんと旨いものが出てくるのが嬉しいお店。

20200922195104_IMG_0344

刺身は、地魚自慢のお店らしく、いさき、〆鯵、鰹の三点盛りで、いずれも鮮度・
品質ともに素晴らしい。
20200922195210_IMG_0350

ご主人は、ちゃんとすし屋さんで修行した、若いながらもベテランの職人さんだけあって、一手間かけた〆鯵の浅い〆加減がいい感じです。

20200922195214_IMG_0351

しらすの沖漬けも、ご主人の自家製で…日本酒欲しくなっちゃうけど…翌日の検診を考えて自粛。

20200922212646_IMG_0358

〆の鉄火巻は、ご主人のこだわりで、生のインドマグロを使っていて、飲みながらつまむお客さんも多いということで、肴にしても食べやすいようにと通常は一本を6等分するところを8等分にする気遣いもベテランの板前さんならではの気遣い。

酔い気持ちで、幸せだったけど…何故か眠れない… 

お彼岸の2中日、墓参を終えて戸塚まで帰ってきたところで、ひと息。
戸塚駅東口の純喫茶モネさんで、レモンスカッシュで喉を潤します。

20200922180526_IMG_0334

喫茶店って、自分でも簡単に作れてしまいそうな物を、自分で作るより旨く作ってくれる。
プロとアマの違いを実感させてくれる最も身近な存在だと勝手に思い込んでます。

朝飯抜きだったワタクシ。
昼飯のタンタンメン&半ライスで一旦、満足・満腹になっておきながら、麺類と半ライスでは何だか心許なくて、ビルの同じフロアにある喫茶店「亜煉路館」さんで「ホットサンド」(コンビーフのハーフサイズ)とアイスコーヒーでサービス券使って30円引きの800円ちょうど。

20200922143405_IMG_0319

ホントに喫茶店のサンドイッチやホットサンドって、別格に旨いよねぇ〜^^ 

今日はお彼岸の中日ということで菩提寺のある横浜へ。
途中、戸塚駅で電車の乗り換えついでの昼飯は、戸塚駅東口にある町中華「麺工房ジロー」さんで、大好物の「タンタンメン」830円を大辛に「半ライス」150円。

20200922140536_IMG_0286 (1)

このブログのリピーターの方なら容易にご理解いただけるのですが…ここで言うタンタンメンは、川崎・横浜エリアのローカルフードなタンタンメンで、鶏ガラや豚ガラベースの塩スープに、多量の韓国唐辛子、豚ひき肉、卵を溶き入れたもので、お店によって青菜やニラなどをトッピングした激辛そうで激辛でもない旨辛麺。

20200922140700_IMG_0294

このお店は、真っ赤なスープと溶き卵に映えるニラがトッピングされていて、一般的なタンタンメンより、塩味が強いタイプで麺はモッチリ食感の中太ストレート麺。

20200922141156_IMG_0298

辛旨で大発汗で〆は半ライスに残った具とスープをブッ掛けて、「一粒で二度美味しい」と、グリコのキャッチコピーで〆てみます。

20200922141352_IMG_0304

ちなみに、残ったスープにライス投入でもオッケーですが、高血圧のワタクシ、スープ飲み干しちゃイケナイので、ライスにブッ掛けてスープの量を減らしてます。
満足・満腹です!

土日続けて出社したら、月曜からの活力を維持するためには旨いもの食わなきゃ…ってことで晩飯は、二十年弱にわたってお気に入りの町中華「醉来軒」さんにお邪魔したワタクシ。

20200920184752_IMG_0273

晩飯に選んだのは、この店に来たら外せない醉来丼に小ワンタンで600円。
居酒屋を開業した当時、稼げなくて仕入れ途中の外食で安くて旨い飯としてワタクシの救世主だった酔来軒さん。
20200920182929_IMG_0265


お店の賄いを商品化したラーメンの具をご飯に載せ辛子を溶いた醤油ダレをぶっかけて混ぜ合わせて食べる中華風ビビンバって感じの「醉来丼」400円と初めて出会ったときのことは、今でも鮮明に覚えています。

20200920182914_IMG_0263

そして、ご飯物とセットで、200円になる全然「小」じゃないボリュームの「小ワンタン」は稼げない腹ペコオヤジにとってゴールデンコンビなメニューでした。

20200920183009_IMG_0269

初めて出会って約20年、値上げしないで頑張ってるところも凄いよね… 

20200920182906_IMG_0262

最近は、ドラマやCMのロケ地になることも多くなってきたし、いつまでも続けて欲しいお店です。


本日、日曜日も昨日土曜日に引き続き出社したワタクシ。

20200920105524_IMG_0226

朝に自宅を出るときになって急用ができ、出社が遅くなったついでに戸塚駅で早目の昼飯…ってことでお邪魔したのが、戸塚駅東口の純喫茶モネさん。

20200920110020_IMG_0228

休日出勤の気分を上げるために選んだメニューは、少々変わり種で大好物の「ナポピザ」をドリンクセットで850円。

20200920110113_IMG_0236

お店の看板メニューで戸塚の町興し「戸塚のうまいもの」にも選ばれた昔ながらの「ナポリタン」にチーズを載せてオーブンで焼いたデブなら嫌いな奴は居ないだろう?ってもの。

20200920110136_IMG_0239

かなり、くどくてしつこそうな見た目ですが、腹持ちの良さの割にもたれないんです。

20200920110338_IMG_0246

そして、タバスコとともに添えられた「ごま辣油」の優しい辛さと胡麻の風味が不思議なほどマッチするんです。

20200920110059_IMG_0234

自家焙煎のコーヒーは当たり前に旨くて、これで850円は、お値打ち価格で満足・満腹・幸福です! 

今日の晩飯は、ネットの情報が気になっていたラーメン専門店「麺屋Mさんを新規開拓。

DSC09913

男性が一人で歩いていると色々と誤解を招く立地のお店なので、晩飯での利用は避けていたのですが、行っちゃえオッサン!ぅて感じで勇気を出してお邪魔してきました。

DSC09900

晩飯に選んだのは、お店のイチオシと思われる「特製煮干そば」1,050円。

DSC09904

煮干のエグ味を抑えながらも、しっかりと煮干しの存在感を感じられる優しくも力強いスープにまけない、もっちりとしていてしっかりした食感の手揉み風の平打麺。

DSC09909

脂身多めだけど油が気にならず肉と油の旨味を引き出したチャーシューに、コリコリの食感がアクセントになって、見た目にも楽しい姫竹のメンマに糸唐辛子と海苔。

DSC09912

どこかアンバランスなようでいても、纏まっていて全体的にバランスの取れた旨いラーメンでした。 

DSC09896

今日は九条ネギを切らしちゃって…、偉ぶったり粋がったりしないで正直で腰の低い丁寧な接客の店主も好感持てて良い店を見つけました。

今日の朝飯は、出社前に、鎌倉街道の長者町五丁目交差点近くにある昭和な喫茶店あづまさんでモーニングセット550円。

DSC09889

コーヒーor紅茶(アイス可)に厚切りのバタートーストと茹で卵がセットになったもの。

DSC09890

牛丼屋さんとかの朝定の方が、ボリュームあって安いけど、やっぱ喫茶店のモーニングで出てくる表面は、バターが滲みていているのにカリッとしていて、中はふんわりトーストは別格です! 

DSC09892


最近は都内でも普通に売ってるけど横浜の名物駅弁シウマイ弁当を販売してる崎陽軒さん。
販売するお弁当には、大体看板商品のシウマイが入っているのですが、シウマイが入っていない崎陽軒の希少種とも言えるお弁当が「しょうが焼弁当」780円。

20200911121636_IMG_0086

そして、このしょうが焼弁当は崎陽軒さんの傑作だとワタクシ勝手に思い込んでます。
冷めても旨いシウマイが崎陽軒さんのアイデンティティですが、シウマイだけでなく、しょうが焼も冷めても旨いんです。

20200911121802_IMG_0092

冷めても柔かく、油が浮いて固まっていることなく、しょうが焼きの味を維持しているんです。
肉の厚さや油抜き、調味料の配合など、目に見えない工夫と努力が散りばめられたお弁当だと、ワタクシ勝手に思い込んでます。

今夜は1時間チョイと残業してから無性に旨い肉を食いたくなってプチ贅沢するため平塚駅西改札北口近くの洋食屋「大野」さん。
先ずビールってことで、プレミアムモルツ マスターズドリームで喉を潤しつつ…あーどーしよう…ビーフステーキ丼にするか、ポークジンジャーにすべきか…脳内で牛さんと豚さんが死闘を繰り広げて、僕のために争わないで〜って感じに下した決断は、ビーフステーキ丼1,500円。
20200914210352_IMG_0182

ビールに合わせたお通しは、ヘルシーにベジファースト…と言いながら出されたゴーダチーズを添えたサラダ。
サラダに使ってる野菜も店主のコダワリか感じられて良い感じ。
そして、ビーフステーキ丼登場。

焼いてからスライスしたステーキと違って、あらかじめ食べ易く火が通りやすくスピーディーに提供できる厚さと大きさにカットした赤身肉をステーキ用の鉄板ではなくフライパンでサッと焼いてご飯の上に載せ、温玉をトッピングし、ゴマやガーリックチップ、香味野菜と醤油系のソースをかけたもの。

20200914211454_IMG_0183

焼いてからカットしたステーキとカットした肉を焼いたステーキ、同じステーキでも似て非なる味わいで、こちらのスタイルの方が柔らかいながらも適度に歯ごたえを感じて焼き目で肉を包み込んで肉の旨味が凝縮しているようで、肉を頬張り噛み締める旨さを堪能できるワタクシのツボにグッサリと突き刺さる好みの味と食感で、満足・満腹・幸福な晩飯でした!

職場の近く伊勢佐木町にもお店がオーブンしたのですが、元祖ということで小田原駅東口にある行ってみました「かるびラーメン京城苑」さん。

DSC09774 (2)

とにかく初見なので看板メニューの「かるびラーメン」950円を食ってみた。
焼肉屋で使うカルビってことからか、韓国料理風の器で提供されるけど、箸は普通の割り箸で、あのスプーンじゃなくてレンゲ。

DSC09762

赤くて濃厚な旨味のスープは、見た目ほど辛くなく、とどちらかというと甘辛い焼肉のタレっぽい感じで、辛さも4段階で辛くでき、それでも辛さが物足りない人には、「秘伝の粉」を投入してくれるらしい。

DSC09764

中太の縮れ麺もスープとの相性が良く、溶き卵や小松菜などの野菜もしっかり入っていて、角煮のような牛カルビの塊もしっかり味が滲みていて柔かくてナカナカ旨い。

DSC09768

スープに、ご飯投入したいけど、食い過ぎなので飯自粛。

DSC09773

伊勢佐木町のお店は終日ご飯無料らしいので、伊勢佐木町のお店に行ったときに、カルビクッパやってみるかな… 

小田原の自称海鮮丼屋の魚なんて、どこの店に入っても大差ないと勝手に思い込んでるワタクシ、小田原駅東口の駅ビル「ラスカ」の1階に入ってる自称魚屋の海鮮食堂「魚力食堂」さんで一番安い海鮮丼「魚屋の海鮮丼」890円を試してみる。
DSC09742

ご飯は酢飯で、マグロにサーモン、貝、白身…で地魚の姿は何処へ…小田原の地物なんてほとんど入ってないのに2,000円近い不味い海鮮丼食わす観光客相手の店より旨いかも…と言っても、観光客も結構入っでる…^^?

DSC09748


ありふれたネタですが、鮮度と品質は問題無いから、駅周辺にキャッチ立たせなきゃ客が来ない海鮮丼屋行くなら、ワタクシ、この店に行きます。

超久しぶりに四谷しんみち通りにある小規模な洋食屋チェーン店「BAMBI四谷店」さん。

20200911201813_IMG_0146

都内の池袋や新宿、東大の前など若い人が集まる地域に出店してる大衆的な洋食屋さんで四谷店は看板によると1970年から営業しているらしい。

20200911204325_IMG_0171

オープンキッチンを取り囲むカウンターの中でフライパンをキビキビと振って注文を捌く年配のコックさん
が、ごまかしの効かないオープンキッチンで注文が入ると生のハンバーグをペタペタやって空気抜きを始める昔ながらのナツメグを少しだけ効かせた感じの肉々しいハンバーグ、しょうがとニンニクを効かせた醤油味の鶏唐揚にサラダを盛り合わせ、普通でも大盛りじゃない?って感じのご飯とコンソメスープがセットになった「スタミナ」880円。

20200911202647_IMG_0163

普通に旨くて、安くて、ボリュームたっぷりのうえアイドルタイムには一生懸命かつ丁寧に料理の仕込みをしているようなユルく見えても、手作りでしてるしっかりしたお店でお気に入りです。

20200911202606_IMG_0155

気取らずガッツリ頬張る洋食って好きなんです。

20200911202015_IMG_0148

今度行ったら、お気に入りのドカン鉄板焼食うぞ…安くて旨くて満腹になってやる!


桜木町駅が横浜駅だった頃から駅構内で営業を続ける創業120年の構内営業者が経営母体になる駅麺屋「川村屋」さんの「鳥肉そば」380円。

20200911142939_IMG_0111

そばつゆ系の味で煮られてる鶏肉と鰹の香りが効いたつゆで旨いんです。
七味の容器が受渡口にしか置いてないので、店の味を知ってるので、味見する前に失礼しちゃいました。

20200911143047_IMG_0119

鳥肉ダブルとか、トッピングの山菜わ追加したり、生卵入れたりと常連さんたちは、色々と楽しんでるようです。

しかし、たまたま持っていたAPS-Cセンサーの安物ミラーレスカメラで撮ると程良く色彩などを盛ってくれるハイエンドコンデジの1型センサーで撮るより圧倒的にキレイに写るもんだ…と感心してるワタクシです。


東京都新宿区荒木町…昭和の時代まで花街として栄えた街で落ち着いていてシットリとした雰囲気の感じられる昭和の面影を残し「風情」という言葉が現在も存在する町。

20200911200218_IMG_0133

就職して、成人して、結婚して子供が産まれ離婚、そして転職…という感じの人生を送ってきて、自身の社会人としての成長を一番感じられた時期を過ごしたころ仕事が終わってからのリフレッシュに訪れることが多かった町。

20200911200417_IMG_0137

大都会のなかでこの一角だけが時間が止まっているような風景が存在して、入り組んだ路地裏に小さくも個性的で存在感のある個人店が散りばめられている。

20200911200527_IMG_0140

もう若くもない歳になっていたのに、まだ伸びしろが感じられて、もっと背伸びしてみたいとかんじさせてくれた大好きな町が、東京都新宿区荒木町です。

20200911195958_IMG_0126

ワタクシがお気に入りのモツ焼き屋の一つがチェーン店の様に店舗を展開している、もつ焼き「のんき」さん。
母の実家があった京成線堀切菖蒲園駅近くで半世紀以上の歴史を持つ、有名もつ焼き屋「のんき」さんの営業権を外食産業が買い取って承継したお店。
個人店が身売りすると良いことないと感じていますが、このお店は先代の味をしっかり守りつつ他のメニューを開発して看板商品とともに独自性を打ち出してる感じ。

DSC09702

お店に入ったら先ず瓶ビールというワタクシ、とりあえず最初の一杯は赤星とお通しのごま油ベースっぽいタレがかけられたキャベツ。
DSC09708

そして、看板メニューの「しろたれ」を一気に4本とこの店に来たら絶対外せない「もつ煮込み」を注文。

DSC09718

看板の「しろたれ」は見た目は他のお店のタレ焼きした白モツの串焼きですが、他のお店と圧倒的に違うのが、柔らかさと蕩けるような食感で、一度食べたら癖になる旨さだと勝手に思い込んでます。

DSC09705

単品注文できない単品価格180円のサービス品である「もつ煮込み」では、その柔らかさととろける食感が増幅されて堪りません!

DSC09719

飲み物のおかわりは、梅サワーとは似て非なる梅シロップを加えた焼酎を炭酸で割った「のんきボール」こと「下町焼酎ハイボール」をジョッキ、氷ありで注文。
甘く無くてサッパリしていて好きなんです…欲をを言えば、ほんばの氷なし強炭酸にして欲しいかな…というのは贅沢かな…

そしてもう一品…と注文したのが「レバ刺し」。

DSC09711

もちろん低温調理で茹でたレバ刺しでさすがに生は出てきませんが、これナカナカ、イケてます。
プリッとした食感や味は高鮮度な生レバーに近くて規制強化前の鮮度の落ちた低品質の生レバーを出す店より絶対に旨い。
ごま油塩も旨いけど良くを言えばニンニク醤油が欲しいワタクシですが、常連でもないので我儘は自粛…^^;

DSC09724

最後の一杯は、下町焼酎ハイボールを氷なしで…あ…氷ありの量でしか出してくれないのか…というところが残念てすが、ガイドブック野郎のような変なコダワリ持たなければ基本的に良い店だと思います。




崎陽軒のお弁当と言えば「シウマイ弁当」をイメージする方も多いと思いますが…シウマイ弁当の旨さを知っていてシウマイ弁当大好きで、更にシウマイ弁当の他にもお気に入りのお弁当があるのが本物の浜っ子だとワタクシ勝手に思い込んでます。

そんなワタクシがシウマイ弁当以外に崎陽軒さんのお弁当でお気に入りのお弁当の一つが季節替わりの期間限定お弁当で今の時期はは「お弁当秋」として売られているもの。

20200907112539_IMG_0012

季節ごとに「お弁当春」、「お弁当夏」、「お弁当秋」、「お弁当冬」として期間限定で毎年内容を少しずつ変えて提供されてるシウマイ弁当大好きだけど違うものも食べたいな…という真の浜っ子というか心から崎陽軒を愛する浜っ子向けとも言えるお弁当で、価格は大体750円前後とリーズナブルで日常の飯って感じのお弁当。

20200907112641_IMG_0016

今年の「お弁当秋」730円の内容は、
紅葉型に切られた人参が彩りを添え、舞茸が季節感を感じさせる、きのこご飯、

20200907112831_IMG_0022

鮭塩焼き、時々感じるシャキッとした食感が楽しい蓮根入りつくね煮、チンゲン菜と白滝ときのこの和え物、昔ながらのシウマイ 2個、椎茸煮、人参煮、蓮根煮、玉子焼き、漬け物、大学芋でボリューム感は少なめだけと満足できる一品に仕上がっていて旨いんです。

20200907112846_IMG_0024

季節ごとに工夫を凝らした気軽な幕の内弁当って感じで親しみやすいお弁当で季節が変わる頃になると、今度はどんなの?って楽しみにしています。

20200907112906_IMG_0029_1

ちなみに崎陽軒さんのウェブサイトでは公開されてる販売期間は、2020年9月1日~2020年11月30日の予定だそうです。


残業を終え終電を気にする時間帯に疲れて腹ペコで帰宅途中に終電まで少し時間に余裕があると無性に食いたくなるのが、牛丼チェーン店の「なか卯」さんの「牛とじ丼」(並盛で560円)。

DSC09402

甘辛い醤油ベースのつゆの和風牛丼を卵でとじた開花丼とか他人丼なんて呼ばれることもあるガッツリメニュー。
終電の時間気にしながら空きっ腹に掻き込むと沁みるんです。