相変わらず基本的にお一人様【散歩の暇人・改】

新型コロナウィルス(武漢肺炎)騒動で罹患されている方をはじめ、ご不自由されている方々にお見舞い申し上げます。こんな時だからこそ、未来に目を向けるため当ブログの更新を細々と続けさせていただきます。頑張りましょう!事態終息後の食べ歩き・飲み歩きの参考としていただければ幸いです。
一日も早く笑顔で乾杯できる日が来ることを心からお祈り申し上げます。
無暗に群れるの嫌いで基本的に単独行動、不謹慎、不摂生で不健康なオヤジの健全な日記、気まぐれで更新中。
暇な期間も終わったので、散歩の暇人から改名いたしました。

食べ歩きの本当の楽しさは、ガイドブックに載っているお店に行くのではなく、通り掛かりの店を試す勇気と旨い店の匂いを嗅ぎ取る嗅覚と感性を磨くことじゃないか…と勝手に思ってるワタクシです。
「グルメ」とか「美食」って言葉は大嫌いです。
そして「B級グルメ」とか食い物や店にランクをつけることも嫌いです。
純粋に飲み食いが三度の飯より好きなので旨い物、旨い酒、旨い店を求めてその辺ふら付いて旨い店や良いなと感じた店を自分の主観で紹介しているだけのブログですから過大な期待はしないでください。
なお、記事に関する苦情・抗議・質問は一切受け付けませんのでご了承ください。
また、そのお店に通わないと知ることができない裏メニュー的なものも紹介していません。
※Facebookのお友達リクエストをいきなりされる方が多いのですが、直接面識のある方以外からのリクエストはお断りさせていただいています。

今昼飯は、最近お気に入りの石川町四丁目にある個人店のほか弁屋「むらかみ」さんで、「かつ丼」680円に「マカロニサラダ」120円で、合計800円。

IMG_20200702_235728_047

特別良い肉を使っている訳じゃなさそうだけど、しっかりとした仕事をされているらしい肉は、柔らかく揚がっていて、良い感じ。

DSC07895

マカロニサラダは、前回に比べると上品な味付けで、ちょっと前回と印象が違うけど、ブレても旨いからオッケーです。

DSC07889

とんかつ揚げて、卵でとじて…という調理時間を考えて、電話注文してから、お店へ向かったら1分ほどの待ち時間で、熱々のかつ丼が登場したので、これからは電話で注文してから出かけることにしました。

DSC07911

コロッケほどの感動は無かったけど、この価格で、このボリュームでこの味なら十分合格!です! 


今日の朝飯は、早朝4時からの23時間営業と、漬物おかわり自由、ご飯おかわりロボによるご飯おかわり自由が再開された会社近くにあるチェーン店の定食屋「やよい軒」さんで、「しゃけの塩焼き朝食」540円。

DSC07872

小さめで甘塩ながら飯が進むしゃけ塩焼き、納豆、生卵、味付け海苔、味噌汁に、おかわり自由&無料のご飯とおかわり自由の漬物という最近過食気味なワタクシには非常に危険な朝から無限天国に浸れそうな構成。
DSC07877

これ、鮭で1杯、納豆で1杯、生卵で1杯、漬物で1杯、味噌汁で1杯と5杯のご飯を行けちゃいそうですが…
ちゃんと自粛して、ご飯のおかわり2回で、ご飯3杯に抑えました。

IMG_20200702_224509_784

ちなみに、新兵器のご飯おかわりロボ、重量センサーが付いていて一つの茶碗に1回で盛れるご飯は、中盛の200gまでなので、昔のようにふざけてマンガ盛り…なんてことは、出来なくなりました…^^; 

IMG_20200702_224509_806

ストレスが溜まる一日だったので晩飯は軽飲みができる店で気分転換ということで、大船の老舗町中華「石狩亭」さんで、瓶ビールに餃子という中華屋で軽飲みの王道を行くスタート。

DSC07794

このお店の焼き餃子、焼色がいつも同じ加減で味も安定していて安心できる昔ながらの町中華の味でお気に入りなんです。

DSC07809

そして、身体のあちこちにガタが来てるオジサンにとって、不健康生活を「生野菜は身体に良いから…」なんて根拠の希薄な理論で正当化するの免罪符的生野菜系メニュー「鎌倉トマトときゅうりとチャーシューの和え物」500円。

DSC07798

アッサリしていて、ビールやチューハイとの相性も良く、身体を冷やす効果のあるトマトやきゅうりがメインで、ゴロゴロしたチャーシューもボリューム感がありコレからの季節にいい感じのメニューです。

DSC07817

滅茶苦茶緑茶感のある緑茶割を飲んで、そろそろ〆るか…とカレーチャーハンを注文。

DSC07821

緑茶割は、まるで青汁のような見た目で、飲み終えるとグラスの底に緑茶の成分が沈殿してる濃厚な緑茶の風味が味わえる割に料理とケンカすることもなく甘いの嫌い!って方にオススメと勝手に思い込んでます。

DSC07823

カレーチャーハンは、見た目は単なるドライカレーですが、具はチャーシューやナルト、ネギって感じに、チャーハンのDNAをしっかり受け継いでいて、付け合せののザーサイとも違和感を感じさせないところが、ドライカレーとの違いが、弱舌には分からないだろうな…って感じのチャーハン。

DSC07842 (1)

同じ注文をした隣の席の兄ちゃん、チャーハンって言うよりドライカレーじゃね?…とか旨くないとか失敗したとか言いながら食ってるけど…そういう食べ方しか出来ない人って…絶対に人生損してるよね…^^; 

ワタクシ的に、大船町中華のなかでは外せない一軒だと勝手に思い込んでます。



今日の晩飯は、横浜市営地下鉄阪東橋駅か、市大病院に向かう医大通りにある定食屋「伊勢屋」さん。

DSC07769

久しぶりにお邪魔したので、お気に入りメニューの、イカと玉ねぎの生姜焼き定食にしようかな…と思いつつも、天ぷらな気分になって「野菜のかき揚げと穴子の天ぷら定食」650円。

DSC07766

玉ねぎ、長ネギ、人参のかき揚げに、茄子、穴子の天ぷらをメインに、切干大根煮、冷奴、お新香、ご飯と味噌汁。

DSC07762

ボリューム感は控えめだけどさっくり揚がった野菜天ぷらに、ふんわり揚がった穴子天は、さすがにプロの味。

DSC07754

価格を考えたらお値打ち価格の定食です。

DSC07749

真面目で優しそうなご主人と、明るく元気な女将さんが醸し出す店の雰囲気も良い感じです。

DSC07752


イタリーノさんで晩飯食ったあと、徒歩で野毛を抜けて桜木町駅に向かう途中、喉が乾いたので、ぴおシティ地下の立ち飲み屋「石松」さん。

DSC07744

刺身自慢の立ち飲み屋さんなので、ビール大瓶550円に、旬のイワシ刺とアジ刺、各400円で合計1,300円。
手頃な価格ながらも、鮮度抜群で脂ノリノリのイワシが堪らん!

DSC07748

そしてアジも程々の脂のノリで悪くない。

DSC07745

相変わらず安くて旨くて良い店です。 


今日の晩飯は、もの凄く久し振りに福富町仲通のイタリア料理を標榜しているけど、コテコテの昭和な昔ながらの洋食屋という言葉がしっくりくる「イタリーノ」さん。

DSC07729

ソープランドに韓国料理屋、焼肉屋がひしめく昔ながらの歓楽街のど真ん中にあるお店で、界隈の最盛期は、店に入ると他のお客は一癖も二癖もありそうな男女…という感じでしたが、バブル崩壊以降、街は落ち着き大人しくなった…と言っても素人の日本人の若い女の子が一人で歩くのは躊躇われるムードの一帯で頑張ってる健全な洋食屋さん。

DSC07723

晩飯に選んだのは「ナポリタン」930円。
このお店のナポリタン、ボリューム感があり、ちょっと変わっていて、ミートソースの様なソースににエビとアサリを投入してスパゲティーをしっかりと炒めたもの。

DSC07724

ケチャップ味と言うより見た目どおりミートソースって感じの濃厚な味わいで、しっかりと炒めてあるので、慌てて食うと熱々でブツブツ切れるナイデンテな昭和な和風のスパゲティーに悩まされますが、これがインパクトあって旨いんです! 

DSC07722

味は全体的にチープなんだけど、何かアカンやつが入ってるんじゃないかと勘ぐってしまう中毒性のある味に、昔ながらの銀色の皿に盛られてくるビジュアルも堪りません。

今度は…ハンバーグ系で行ってみるかな…いや、他では見かけないパルメザンも良いかな…^^



今日の昼飯は、個人経営のほか弁屋「むらかみ」さんで「フライ盛合せ弁当」530円に「ピーマン肉詰めフライ」110円。

DSC07708

盛合せのフライは、肉々しいメンチカツ、豚肉・玉葱・茄子という意表を突いた構成の串カツ、白身魚フライのジワジワ来ると言うより、しみじみと来る旨さの揚げたてサクサクフライ。

DSC07712

ピーマン肉詰めフライも、軽くサクサクに揚がっていてピーマンと肉の風味が生き生きとしてる感じで旨いね…と笑顔になっちゃうお弁当。

DSC07716

付け合せのケチャマカ、大根の桜漬けもしっかりと脇を固めていて良い感じ。

DSC07719

こういうお店は、いつまでも続けていて欲しいよね。 

DSC07711



今日の瓶飯は、平塚市街の明石町に店を構える十勝豚丼の専門店「なまらうまいっしょ平塚駅北口店」さん。
チェーン店っぽい接客やメニュー構成だな…と調べてみたら伊勢原市に本社を置き神奈川県の県央地区と平塚に5店舗を展開するリージョナルチェーンの一店舗てした。

DSC07694

隣が安くて旨いと評判の鰻屋さんで、鰻の蒲焼のタレを使った十勝豚丼でサイドビジネス?なんて思っていましたが、ハズレのようです。

DSC07691

豚丼はバラ肉とロースの二種類で、ワタクシ的に好きなのはタレで和えたキャベツが合盛りになったバラ肉がお気に入り。

DSC07704

炭火で焼かれた甘辛のタレが絡んだ豚バラ肉のジャンクな旨さにアッサリ・シャキシャキのキャベツの相性が良く、卓上に用意された薬味と調味料から、ニンニクをスライスして醤油漬けにしたものを肉、山椒味噌はキャベツに…って感じで食うのがお気に入りの食べ方。
DSC07707


「国産バラ豚丼並盛味噌汁セット」935円でガッツリと満足・満腹です。


今日の晩飯は早めの時間に「ウェンディーズ」さんで「USAベーコンクラシックバーガー」680円にドリンクは先日飲んで意外と旨かった緑茶レモネード系の「伊右衛門レモネード」200円。

IMG_20200625_194143_794

ジャンクな肉々しいバーガーに、緑茶の風味を殺さない程度のレモンの爽やかな風味がよく合って旨いです。

IMG_20200625_194143_796

最近のバーガーは、チェーン店のバーガーショップのなかでは、ウェンディーズが一番旨いと、勝手に思い込んでます。

IMG_20200625_194143_795

ちなみに二番は、ベッカーズだと勝手に思い込んでます。

今日の昼飯は、丸亀製麺さんで、「肉ぶっかけうどん冷」600円。

DSC07579

甘辛く炊いた牛肉が、いい感じで、牛丼がメニューにラインナップされてるのが気になるな…

DSC07582 (1)

でも旨いんだけど…あと10円か20円の値下げで、ずいぶん割安感が出る味と品質だと勝手に思い込んでるワタクシです。

DSC07567


今日の昼飯は、石川町四丁目にあるお爺さんお婆さんが切り盛りする個人店のほか弁屋「むらかみ」さんで店名を冠した「村上弁当」460円に「マカロニサラダ」120円。

000)

適度に枯れた店構えですが、食品衛生上は全く問題無しのお店は長年地元のお客さんから愛されてきた動かぬ証拠。

000)

オヤジさんは、ぶっきらぼうな第一印象でしたが、話してみると感じの良いオヤジさんというのも店が長く続く理由の一つかも?

IMG_20200624_204945_940

昼飯に選んだ「村上弁当」は、肉の存在感がしっかりしたメンチ、濃いめの生姜醤油の味付けの唐揚げ、クリーミーかつホクホク感とイモの風味が半端ないコロッケの盛り合わせにしっかりした味付のケチャマカ、キャベツ千切り、ご飯、梅干しという、ほか弁王道の構成ながら、チェーン店とは一線を画す旨味を感じられる弁当が旨い。

IMG_20200624_204945_941

もちろん揚げ物は注文してから親父さんが冷蔵ショーケースから取り出したパン粉をまぶすまで仕込んだフライをフライヤーな放り込んでくれる揚げたて、そして、マカロニサラダは、ツナ入ってる?って感じにひと捻りしたパンチのある味付けでリピート確実なお店でした。 


今日の昼飯は、行列嫌いなワタクシが、会社近くにある行列する「地球」と書いて「ほし」と読ませるラーメン屋「地球の中華そば」さんで「チャーシュー塩そば」1,180円。

000)_0

アッサリ系かな…と思っていたら、想定外に鶏脂が浮かびスープに蓋をしている状態で熱々、優しい味わいの中にもしっかりした旨味の感じられるドッシリとした感じのするスープのラーメン。
そして、赤っぽいトッピングは、ドライトマトのペーストで、優しくトマトの風味がスープにアクセントを加えてくれて良い感じ。

000)

細麺と平打麺が選べて、細麺を選んだけど、このスープなら平打麺でも面白そう。
味は…この価格でコレだけコダワリがあれば、当たり前に旨いです。



今日の晩飯は、藤沢駅南口近くにある町中華のお店「大新」さん。
界隈ではこのお店に同じく老舗の街中華、古久家さんと人気を二分づるお店で、こちらは明け方まで営業しているお店で、ワタクシ的に飲んだ後の〆の店って印象が強いお店かな…

DSC07439

そんなお店で晩飯に選んだのは「チャーハン」スープ、ミニサラダ付き860円。

DSC07449

しっとり&ふんわりタイプのチャーハンに中華ドレッシングのミニサラダとアッサリしたスープが、昔ながらの町中華の味わいで旨いんです。 

DSC07445

藤沢以外にも鎌倉駅近くに鎌倉店、湘南新道の浜須賀交差点から藤沢警察に向かう途中に茅ヶ崎店があり、鎌倉店も、早朝までの深夜営業している使い勝手の良いお店です。



今日の昼飯は、撮り鉄の合間に大船駅構内の立ち食いずし「すし兆」さん。
普段行列していることが多く味や品質も悪くない店ですが、正直言って並んで窮屈なおもいしてまで食うほどの価値無いと勝手に思い込んでるワタクシ。
今日は並んでなかったのと、最近流行りの「ソーシャルディスタンス」という国民総エンガチョ運動のおかげで透明のビニールでカウンターの立ち位置ごとに区切っていて、ゆったり食えそうなのでお邪魔しました。
お決まりの「築地」で、
トロらしきものと、エンガワらしきもの、

IMG_20200621_165120_247

何となくマグロと、きっとサーモン、

IMG_20200621_165120_245

イワシらしきものと、カニの身らしきもの、

IMG_20200621_165120_241

イクラらしき軍艦、

IMG_20200621_165120_154

ほぼ煮穴子

DSC07421

の8貫で様子を見ながら、ネタケースの中を窺っていると…旬の青魚軍団が脂のノリ具合身の色合いなどが良さ気だったので、鯵に煮切を塗って辛子を載せた島ずしあじを2貫、

DSC07423

いわし、

DSC07427

こはだ

DSC07430

をお決まりに追加。

旬のものは、流石に「らしきもの」では無いって感じで良い感じで、これだけ食って1,705円は、駅構内営業の立ち食いずしだと高いかな…と思えもしないわけじゃないけど、鮮度品質共に問題なく青魚軍団で満足できましたからヨシとしましょう。 

会社近くにあるので最近利用頻度の高くなってるチェーン店の路麺屋「ゆで太郎」さんで最近のお気に入りメニューは「ピリ辛葱豚そば」580円,

000)

温かいor冷たい、そばorうどんを選択できるけど、ワタクシ的には、冷たいそば推し。
ラー油が想定外に聞いているときがあるので、麺を啜り上げるときに注意しないと咽ちゃうときがあるので要注意です。

昨夜は、久し振りに東京。
新規客先訪問の帰りに四谷にある地酒の品揃えが充実した酒屋「鈴傳」さんに併設された立ち飲み「スタンデングルーム鈴傳」で仕事帰りの一杯。

DSC07404 (1)

ネットのレビューなどで、このお店のことを「角打」と呼ぶ人が居ますが、お店のウェブサイトに書いてあるとおり、酒屋の角打ちを原型とした「立ち飲み居酒屋」が正しい営業形態。

DSC07407

角打は、酒屋の店内に店主の好意で設けられたスペースで客が購入した酒を飲むことで、店が調理した料理で酒を楽しむのは、飲食店営業となり「立ち飲み居酒屋」と言います。

DSC07409

ほうれん草のおひたし、いか大根、お新香など素朴ながらジワジワ来る料理を肴に良質な日本酒をお値打ち価格でコップ酒。

DSC07411

久し振りにお邪魔したけど以前と変わらず良い店でした。 


今日の晩飯は、関内駅前セルテ6階のラーメン横丁で、昭和の関内勤務者には懐かしいラーメン屋「唐桃軒」さんで「チャーシューメン」1,100円。

DSC07396

もの凄く久しぶりにお邪魔したけど、食べてホッとする昭和の町中華よりチョットだけ上等なラーメンって感じのラーメンが旨いんです。

DSC07401

しっかりと大振りなチャーシューもしっかりした旨味がありながら、優しく癖のない味で旨いんです。

DSC07403

最近、こういうラーメンって少なくなってよな…と言っても、時代遅れな感じはしないラーメンです。 

DSC07395



今日は朝からガッツリ系でガテン系の飯屋「一番」さん。

IMG_20200618_195637_364

大通公園沿いの通りに面してあるお店ですが…朝の公園の清々しさとは無縁な野郎共が朝から丼飯を掻き込むような店で病気治療の処方薬を飲んでいたため約10ヶ月間食べられなかった大好物の納豆を食える幸せを味わってきました!

DSC07374

「朝定食」630円を注文して周囲を見回すと…やはり朝から、ラーメンライスにレバニラ炒め、アジフライ2枚に肉野菜炒め定食なんて感じに早朝から旺盛な食欲を見せてくれます!

DSC07377

ちなみにワタクシの朝飯である「朝定食」は、丼飯に玉子焼き、納豆、春雨サラダ、お新香、味付け海苔、冷奴、味噌汁。

IMG_20200618_195637_503

どんだけー?というほどトレーの上で密集隊形。
特別旨い店って訳じゃないけど、何だか元気になれるお気に入りの店で朝から満腹なワタクシでした。

IMG_20200618_195637_512